頑張らないように頑張る。

努力と怠惰の狭間

誰か一人が凄いなんて事はないし、誰か一人が悪いなんて事はない。

全ての成功は関係者全員の成功。
全ての失敗は関係者全員の失敗。

成功を個人の手柄にしちゃいけない。
失敗を個人に擦り付けちゃいけない。


成功した場合

個人で何かしている場合は別だが、全ての物事には他人が介入する。

一つの成功で100を得られたとしても、関係者が4人いるなら4つに分割される。
その比率は責任や役割によって異なるが、誰かが0になる事はない。

誰かが0になるのは、「俺の手柄はお前にやるよ」と譲渡した時のみ。
それ以外で0になる事はない。


失敗した場合

個人で何かしている場合は別だが、全ての物事には他人が介入する。

一つの失敗で100を失ったとしても、関係者が4人いるなら4つに分割される。
その比率は責任や役割によって異なるが、誰かが0になる事はない。

誰かが0になるのは、「お前の責任は俺が取るよ」と譲受した時のみ。
それ以外で0になる事はない。


世の中に蔓延るクズ人間

この世には上記のような善人だけではなく、クズのような悪人も存在する。

成功した場合、どこかのクズは「お前の手柄は俺がいただく」と強奪する。
失敗した場合、どこかのクズは「俺の責任はお前が取れ」と押し付ける。


全ては「Win-Win」な関係に

0になる事はないのだから、誰か一人が喜ぶのではなく、皆で喜びを分かち合えばよい。
0になる事はないのだから、誰か一人が気落ちするのではなく、みんなで反省し改善すればよい。

クズ人間の事は無視すればいい。
クズ人間は「Win-Lose」しか求めてない。すなわち無価値な人間。


One for All, All for One.

One Team.


追記(2020/07/02)

過去にも同じようなエントリー書いてたわ。

「結局、みんな悪い」と思える許容力